点と線

日記。たまにイラスト。メンヘラってる。

腰痛を抱えながら観るココ・アヴァン・シャネル

こんにちは、大字あゆみです。

 

頭痛、腰痛、腹痛に悩まされています。これらで大体察してください。今日、明日は絶不調ですね。

 

先週、病院から傷病手当の書類を書いてもらうように依頼したのですが、まーだこない。たぶん忘れられてます。いや、どうせもらう金額は変わらないのでいいんですけど。切手代は返してもらうけど。

これで次の木曜日の病院に行く寸前で届いたら、ちょっと不服かな。

 

今日は、座るとめちゃくちゃ痛い腰をなだめつつ、書類諸々を進めていました。

傷病手当の申請書で自分が書くものも書いたし、遅れに遅れていたレポートも書き上げました。あと、大学入学の作文なんかも書いていましたよ。

体調最悪だけど、やること色々やれて気分は好調です。

 

 

あ、休憩中にココ・シャネルの人生を描いた映画を観ました。

最後にシャネルの服がズラっと並び、主人公のココが中心にある階段に座るシーンがとても綺麗。

階段の壁には多面鏡がたくさん張り巡らされていて、そこに映るココはまるで、これまで自身の人生で味わった感情を鏡1つ1つに映しだしているように見えます。

劇中の衣装はシャネルの服はもちろん、貴族の華美なものも、娼婦のあけすけのような服も、どれも素敵だったな。

 

 

どうせろくに動けないので、しばらくベッドで映画を楽しみたいと思います。

次はシン・ゴジラ観るぞ。