点と線

日記。たまにイラスト。メンヘラってる。

行く先のない空っぽの朝

こんばんは、大字あゆみです。

 

なんか遅くても水曜日には退院できそうです。最短なら火曜日とか。1人で帰れるんだって。

 

ここ最近は無気力です。とにかく絵が描けない。

その変わりに本や漫画を読んだり、音楽聴けたりは出来る。

 

RADWIMPSのエッセイ本を読み終わって、なんとなく、ボーカルのよーじろーさんのエッセイも読み返したくなってKindle(鬼の量で読みさばいていくため、紙の現物ではなく家にあった電子書籍リーダーを送ってもらった)で再読。

途中で気づいたんだけど、エッセイを書いているのは28歳のときのよーじろーさんでした。今の大字と同い年。

 

自分と比べるまでもないから、読んでツラいとかはなかった。

でも、いろんな言葉が刺さってきます。

f:id:ooaza050304:20210321211317j:image

特にこれ。引用が雑でごめんなさい。

大字が自殺未遂をおこしたとき、なにもなかった。自分の行くさきがなくて朝になって空っぽになったときを思い出す。

 

これから、自分はどこに行けばいいんだろう。

今日、これまたKindleハチミツとクローバーを再読しまして。

「自分探し」というワードになんか目が向きました。これから見つかるのかな。もうメディアの仕事に関わって、10年になる。でも、自分にはこの仕事が向いてないんじゃないかって思い始めている。

 

退院したら、地域の福祉を活用してカウンセリング的なものを受けることになっています。

そこで何か見つかる?  いや、それに頼っちゃうのはダメだと分かってるけど。

 

ここからどこに行くのか、自分が1番分かってない。

前向きになれる季節

こんにちは、大字あゆみです。

昨日のブログ最悪でしたね。でも、スッキリしたよ。
文章とも言えない散文を書くのは楽しい。自分をいろいろ整理出来る。だから、気分最悪の時にしかブログ書きに来ないんだろうな。


今日は、退院後お世話になるかもしれない所へ電話してみました。
愛想ない感じかな、と思って期待してなかったんだけど、すっげぇ親身。悪く言えば一周まわって偽善っぽい。
それでも、愛想ない感じよりはマシかなぁ。

あと、すっごい行動の速さ。「早めに退院して来所したい」って言ったからかな。今日中にソーシャルワーカーさんと主治医に確認とって、15時までには確認取れなくても折り返し連絡してくれるとな。フットワーク軽い。これは助かる。

そしたら早くとも来週末には退院かなぁ。
退院の付き添いいらないなら月曜日にでも、1人で帰りたい。
無理だと思うけど、これ以上母親に負担はかけさせたくないな。

どんな顔して家に帰ればいいのかわかんないけど、飼い猫に会いたい。自分のベットで寝たい(病院のベットと相性が悪すぎるんだわ)。


昨日書いたもののおかげで、ちょっと前向きになったかも。
春だね。

ごめんなさい

死のうとしました。

もう、何度目かも分からない自殺未遂。今回は外部の人も巻き込んでしまった。ごめんなさい。

そして、何度も振り回して振り回された母親にもごめんなさい。

でもね、死ねなかったことを心から後悔しています。今日も昨日も、多分、この先も。

 

毎年恒例の落ち込みに成す術がなかった。

それでも自分でもがいて、ちょっとマシになったかな、と思ったところに不意にある事が起きて、人から「休んで」と言われました。

まだ休まないとなのか。なんか仲良くしてた人とも別れて、大学の単位を半年で2単位しか取れなくて、お仕事も途中で挫折して、それでもなんとか自分の中で気持ちが整った、と思ってたのに。

 

翌朝、いつものように起きたら何も無い感があった。

進むべき道とか、今、何をしたらいいのか。自分はこうしたい、と思う気持ちとか。

 

とりあえず、相談ダイヤルに朝から電話しまくりました。何処も出ないのは分かってるけど、最後に「自分は死なないといけない」と思う気持ちを誰かにひっくり返ししてほしくて。

偶然1回だけ繋がったところがあって、でも、ひっくり返せるような案は出てきませんでした。

というより、自分で自分のことを説明出来なかった。それも大きいかも。

 

とうとう、選択肢が「死なないといけない」どけになって、準備をしました。

この方法なら死ねそう、という案は前々からあって、準備する間はとても楽しかった。遠足に行く気分に近かったかも。

 

でも、駄目でした。

悔しい、自分の度胸のなさに嫌気がさす。この文章を書いてる間、「悔しい」と書き込んだだけで涙が出ます。

なんで死ねなかったんだろう。この方法ならきっと死ねると思ってたのに。

悔しい。悔しい。

 

今は入院しています。

自分の他は、認知症の老人ばっかり。つまんない。それが罰だったらちゃっちい。

いまだに「とにかくなんでもいいから死にたい」と思う自分はそろそろ退院になります。

ちょっとだけ、生きられるかもしれないエサを差し出されて。

 

自分はどこに行くんだろう。

唯一の楽になれる方法も無くなって。こうなると自分は死ぬことも出来ない人間なのが分かった気がします。そんな自分が大嫌い。

退院したらいろんな人に謝らないとなんだろうな。本当にごめんなさい。巻き込んでしまってごめんなさい。面倒な人間でごめんなさい。

 

今日はこれから母親と退院後の話をします。気持ち的には「とにかく死にたい」。

でも、これから話すのは生きることについて。

もらったエサはどんなものか分からない。

分からないけど、想像つくよ。また、勝手に傷ついて死にたい欲求が増す。

そのときに新しい死ねそうな方法が思い浮かんだら、きっと二の舞。

もう、疲れたよ。母親にもいっぱい疲れさせてしまった。

万策尽きて、くたくた。

なんでこんなに苦しく生きなきゃいけないの。

 

もう、堂々巡りにしかならないな。

20時過ぎたら電話しよう。

新しいお友達につきましてご報告です

こんにちは、大字あゆみです。

 

一昨日ぐらいまで絶不調だったんですけど、なんか昨日からいい感じで過ごしています。最後のレポート課題も頑張ってますよ〜。

 

さて、ここで報告です。

新しい友達ができました。

 

これだけ書くと、どうでもいい内容ですね。

一言付け加えると、「マッチングアプリで友達ができました」

 

1月頃、日常生活における精神的な孤独さに耐えかねて衝動に任せてマッチングアプリに登録しました。

何人かとチャットして、なんかどの人もしっくりこないな(何様だ)と、思ってたところに、今回の友人さんとやりとりをするようになって。

同年代だからか無茶苦茶話してて面白いんですよ。筋トレの話とかその他いろいろずーっと喋ってます。

 

一緒に会って食事した後も、ラインでのやりとりが続いてます。

初めて会ったときは、友人さんの外見が思っていた3倍ぐらい格好良くて、大字はしばらくビビリまくってました。

 

「え?あんだけ話していて楽しくてルックスも想像以上の人と自分が付き合えるの???」みたいな感じです。

特にマッチングアプリをお互い利用しているわけだから、友人さんも大字以外の方とお付き合いする可能性も十分ある訳です。そこから大字を選択してくれるのかという不安がすごく大きくて……

 

食事した帰りの電車のなかで速攻、女友達に「自分を選択してもらえる気がしない」と泣き言のラインをしました。

んで、返ってきたメッセージが「楽しく話せる人が増えただけでもいいんじゃない?」というものでした。

その言葉が一番、腑に落ちて会った後も多少は不安なくやりとりをすることができました。

 

できてたんですけど……!!

この間、通話中にちょっとそういう話の雰囲気になって、自分から友人さんに「今の関係がどこに着地するのか分からないんですよねぇ」みたいに切り出してしまいました…

そして自分から「今みたいな話してて楽しい関係もいいんですけど、もしつきあう可能性があるなら、それは本当に嬉しいんです」という感じで言ってしまい……

 

友人さんの意見を聞くのはめちゃくちゃ怖かったです。でも、友人さんの応えは「自分も話してて楽しいと思っているし、いきなり関係を切るようなことはあんまりしたくないです」と。この時点で大字歓喜です。

そんでさらに「将来的につきあう関係になる可能性もある気がします」と。マジでか。

そして「でもどっちにしろ、カラオケは一緒にいきましょうね」とも。

 

マジでか。

 

とりあえず、友人さんも話してて楽しいと思ってもらえてて嬉しかったです。

突然、関係が切れるのかもしれないという不安がなくなったのは、すごく気が楽になりました。

将来性は……まぁ、置いといて。

 

この一連の会話のおかげで距離が縮まった感はあります。

あと、Twitterでもつながりました。音楽・日常アカウントの方で。(さすがにオタク感満載のツイステ垢は言えねえなと思ってたら、トップページにツイステ垢のリンク貼ってあって絶望した)

Twitterで繋がるとなると、どうしても過去の体調についての呟きは隠せないので、精神科に通っている話もしました。

今、思い出すといろいろカミングアウトしてるな。

でも、深く長く付き合いがあるとすると、病気のことを言えたのは自分としては気が楽です。友人さんも特に嫌悪感なかったようで安心できましたし。

 

という訳で、いろいろあって今のところ親しい友達ができたよ、っていう報告でした。

 

今までブログで話題にしなかったのは、不安定な関係(少なくとも大字はそう思ってた)のなかでこの話題を展開すると、大字の不安が制限なくグルグルする可能性が大なので、お見苦しいところを見せるまい、と思い書いていませんでした。

 

これから、なんかの機会に友人さんのことは書くかもしれないですね。個人情報は絶守秘しますが。

いまだに全ての不安がなくなった訳ではないので、暖かく見守っていただけると幸いです。

 

手を震わせキーボードをたたく

こんにちは、大字あゆみです。

 

無気力が過ぎる。最近そんな毎日です。

なんとなく何もしたくない。何をやってもなんとなく楽しくない。絵を描くのもここ3日ぐらいはしてないですね。

本とか漫画を読んでも面白いと思えない、てかほとんど読めない。あ、でも映像はぼんやり見れます。

 

明日は病院の日だし、ちょっと相談しよう……

夕方から出てくる手の震えもどうにかしたいけど、何度言っても「薬が許容値超えてるから」で片付けられてしまうの残念…

結構本気で悩んでます。現にブログが書きにくいったらありゃしない。

嬉しいことあったよー!

こんにちは、大字あゆみです。

 

お仕事のー! 依頼がー! きたよー!!!!!

昔、取材した先といろいろな縁があって、ライティングのお仕事のをもらいました。

今、打ち合わせなんかをやってます。大人と仕事の話をするなんて1年以上ぶりですよ。最初の打ち合わせはアワアワしながらやってました。

でも、これで学生ニートフリーライターの肩書きが加わることになります。単純に嬉しいです。だってなんだかんだ言って仕事は好きなんですよ。いろんな人と話すことも好き。再び社会に参加できることが何より嬉しい。

あ、でも頑張りすぎは気をつけます。またこの間みたいになったらお仕事をおじゃんにしてしまう……

 

他にも嬉しいことあったんですよ〜。

その仕事をくれた先の理事の人にメールしたら嬉しい返信をいただいたりとか、疎遠だった人達と連絡が取れたりだとか。

 

理事の人は、大字が大学を目指すきっかけ(まぁ、他にも理由はあるけど)になった人で、仕事の打ち合わせのなかで担当の人から連絡先をいただいたんです。

それで、「先生の講演を聞いて大学を目指したいと思えました。ありがとうございます」みたいなメールを送りました。

そしたら、「学びたいと言う気持ちを持てたことは素晴らしいことで、その理由になれたことは嬉しいです」と返ってきたんです。

これまで、どこか社会から外れて療養学生ニートすることに後ろめたさを感じていたなかで「学びたいと思うことは素晴らしい」という言葉はすごく嬉しかった。家族にも大学生になることを肯定してもらえなかったから本当に嬉しい。めっちゃ泣きました。

しかも、「何かあったら連絡してください」とも書いてあった。この方、とてつもなく顔の広い方なので、すんごい心強いです。

本当に、いい繋がりができたことが只々嬉しかった出来事でした。

 

疎遠になっていた方達とも、ふとしたきっかけで交流することができたのも嬉しかったですねー。ツイステのフォロワーさんが米津さん好きで音楽垢でも繋がれたりとか。10年ぶりの方と連絡がついたりとか。

 

そんなこんなで、今は少しハイな気分です。

毎年夏にハイになって秋に倒れるのは恒例となっていますが、今年こそは倒れないぞ! よし! 頑張らない!!

抱えきれない

こんばんは。大字あゆみです。

 

しばらくぶりです。しばらくの間に大学の科目最終試験を受けたり、最終レポートを書いたりしている日々でした。

さて、その結果、大字は4教科の単位が取れないことが確定しました。

 

んーっと、簡単に言うと体調不良です。「もう立っていられないな」と思いながら、でも身体は動くからとりあえず騙し騙し動かしていたのが、ある日、本当に立っていられなくなったんです。

夕飯作ろうとキッチンに移動しても、何もできない。数日は近所のスーパーのお弁当でしのぎました。

それと、レポートが全然書けなくなりました。ワード開くのさえも苦痛。授業はオンラインなので、パソコンの前に座ってなんとかやり過ごす。

7月の中旬ぐらいからこんな状態です。

 

現在はというと夕飯づくりはできてます。というより、ちゃんとした食事を摂るのが夕飯だけなので、いつまでもスーパーのお弁当は耐えられなかった。

夕飯が作れるようになると、家族も体調が良くなったと思い、気軽に話せるようになりました。ドラマの話とか、読んだ漫画のこととか。

でも本当は体調不良は相変わらず居座っていて、多少軽くはなったけど、今日までワードは開くことはできませんでした。身体全体で拒否感がありました。

しかし、今日の大字はワード恐怖症を克服した感じです。ちょっといろいろ動きがありまして。それについては後日書ければ書きます。

 

結構な数の単位を落としたことは、もちろんショックです。「自分、怠けじゃん」って。体調不良と怠けの判断がつかなくてだいぶもがきました。

だって、夕飯作れる、家族と明るく喋れる、ドラマ観たり絵描いたりできる。なのにレポート書くことができない。

もし、怠けではなく体調不良だとしても、なんだって一番大切な時期に不調になったんだよ…って気持ちは満載なんですよね。

これまで勉強は楽しかったし(というか勉強をする自分が好き)、レポートも自分の考えとか、学んできたことを整理して書くことは楽しかったのに、なんで急に。

 

今思うと「もう立っていられないな」の時点で早急に家族に「体調が悪いです!」って声をあげるべきだった……いや、その前に予兆を感じとるべきだったと思います。でも今回は予兆を全然感じ取れなかったなー。

病院の先生に話したら「それはタイミングが悪かったねー」と返してくれたのが、大字にとってはちょっと救いでしたが。

 

ちょうどレポート書けないことで、もがいていたときに米津さんのアルバムが発売されることになったんですよね。大字が本拠地としている音楽垢も、久しぶりに大きく賑わっていました。

プロモーション情報がどんどん流れてくる中、フォロワーさんが「(供給が多すぎて)抱えきれない」とツイートをしていました。

この「抱えきれない」という言葉が意味こそ違えど、そのときの大字にカチッとハマった気がしたんです。「そっかー私も抱えきれてないんだわー」って思ったんです。

 

そこからだいぶ気が楽になったような気はします。あと、今日の動きのおかげですね。

とりあえず、今日は書き散らしてそのままだったレポートの体裁を整えることができました。

 

今回は抱えきれなかったものが多かった学期になってしまいましたが、落ちてしまったものは仕方ない。まだまだ抱えてるもの、これから抱える予定のもの、不安だらけですけど、多少なりとも持たなくてはいけないものです。

まぁ、今後はちょっと持ち物減らしたいなとは思います。